学生発表セッションについて

■第39回大会学生優秀発表賞受賞者
稲生 翼(北海道大学)
福島 龍一(東京理科大学)
丹  亮人 (東京大学)

日本分類学会の大会・シンポジウムにおける優秀学生発表賞について

■概要
日本分類学会では2018年度より,データの科学としての分類やそのデータ分析の分野に関する研究に携わる研究者・専門家を志す学生会員の奨励を目的として,「学生優秀発表賞」(Outstanding Student Presentation Award)を創設いたしました.対象は「日本分類学会大会およびシンポジウムにおいて発表者として研究発表を行い」,かつ「審査対象となることを希望した学生会員」です.学生会員の方はもちろん,現在非会員であっても,発表当日までに入会手続きをされることを条件に,審査対象となることを希望することができます.
会員各位におかれましては,指導されている非会員の学生,あるいはお近くの非会員の学生に,本会への入会ならびに同賞へのエントリーをお誘いくださいますようお願いいたします.なお,同賞の創設に伴い,学会賞内規が一部改定されました.
同賞についてのご質問などがありましたら,学会事務局までお問い合わせください。

■審査・表彰など
優秀学生発表賞セッション終了後すみやかに審査が行われ、各大会・シンポジウムにおいて学生研究発表賞の表彰を行います.受賞者には,本会より賞状が授与されます.また,学会Webサイトに受賞者の氏名を掲載します。

[審査項目]
1) 発表準備・・・予稿原稿および発表時の提示資料が十分に準備されていたか
2) 研究内容・・・先行研究を適切に参照し、研究内容は充実したものであったか
3) 発表態度・・・分かりやすい説明で発表されたか、発表時間が適切であったか
4) 質疑応答・・・質問に対して適切に答えることができたか
5) 本学会の趣旨にあった研究・・・日本分類学会の趣旨に合った研究であるか